奈良・9歳男児が駐車場の車内で死亡!!熱中症の可能性 母親が車の鍵預けて残す

9歳男児が駐車場の車内で死亡 熱中症か




奈良県奈良市内の駐車場で24日、停車中の車内で小学4年生の男児(9)がぐったりしているのを母親が発見した。
男児は病院に搬送されたが、25日未明に死亡が確認された。県によると、熱中症による死亡とみられる。


奈良市消防局によると、男児は24日の午後2時55分ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅から南におよそ200メートル離れた駐車場に停車中の車内で見つかった。

県によると、母親は近くの病院に行くため、男児発見のおよそ1時間半前に男児に後から来るように伝えた上で、車の鍵を預けて車内に残していたという。
発見時、車はエンジンが切られて窓は閉まっており、ロックがかかった状態だった。

奈良地方気象台によると、24日の奈良市内の最高気温は34・1度だった。
今後、県警が詳しい状況を調べる方針。
スポンサードリンク