兵庫・公園に毒ヘビの”ヤマカガシ”か?10歳男児が噛まれて一時意識不明に

公園に毒ヘビの”ヤマカガシ”か?10歳男児が噛まれる




兵庫県伊丹市の公園で、小学生5年の男の子(10)が毒ヘビとみられるヘビに噛まれた。
男の子は一時、意識不明の重体となった。


29日の午後6時ごろ、伊丹市の公園で、友人と遊んでいた小学校5年の男子児童がヘビに右の手首を噛まれたという。
男子児童は意識不明の重体だったが、現在は意識が回復したという。

ヘビは、遊んでいた友人がリュックサックに入れて家に持ち帰った。

警察が調べたところ、体長およそ60センチのヤマカガシとみられるヘビだという。
環境省などによると、ヤマカガシはマムシやハブよりも毒性が強く、過去に死亡例もある。
スポンサードリンク