中川家の兄・剛が幼い頃の”火遊び”で実家を燃やした過去語る…「母の髪がチリチリでドリフのコントみたいに」

中川家の兄・剛が幼い頃の”火遊び”で…




兄弟で活躍するお笑いコンビ・中川家の兄である剛(46)と弟の礼二(45)が、30日放送のテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演。

過去のしくじり体験と教訓を語ったことが話題となっている。



危険運転で自転車でバスにひかれた話など、しくじりのほとんどが兄の剛。子供の頃、マッチで火遊びしていて、自宅を丸こげにしたという。礼二が居眠りしているときに、剛がふすまに火をつけると一瞬でふすまが燃え上がった。剛は公園に逃げて難を逃れたが、目を覚まして一面が火の海だったという礼二は、消防隊に助け出されたという。

 礼二が「笑い事ではなく、母親の髪の毛がチリチリでドリフのコントの爆破みたいになってた」と真顔で言うと、剛は大爆笑。「お前、笑うなよ」と怒って生徒たちを笑わせた。「中川家を燃やしちゃった先生なんです」と2人で声を合わせ、息の合ったところを見せた。小学生がいる夏休み、家庭に危険行為への注意喚起を行った。


スポンサードリンク