怖い話短編:みんなで見た黒い影が…

みんなで見た黒い影が…




中学生の時、友達とほぼ毎日野球をしていた。

いつもと同じように遊んで夕暮れになった頃、友達のひとりが

「ちょっとまって!!アレ…何?」

と言って…。



05/07/20
中学校の時の話。

オレと何人かの友達は学校が終ったらほぼ毎日野球をしていた。まぁ、みんな未経験者で和気あいあいと野球を楽しんでた。

場所はよくある河川敷みたいな所で、倉庫みたいなのがぽつんと一つあった。日が暮れたら野球終わりの合図にしてて。

んで、体験したその日は別にいつもと変わらず野球してて、いつもと同じように日が暮れたのね。

ボールが見えなくなってきたんでお開きにしようって事になって野球道具片付けてたんだけど、そこで一人の友達が

「ちょっとまって!!アレ…何?」

って倉庫の方を指差した。

「ん?どれ?」

みたいな感じで注目したら黒い人影が地に足ついてない感じでスイスイ動いてる。

まだ明るいのに、その人影は真っ黒なの。そして、みんな注目しきったその時その人影がスーってこっちに向かってきた。

「なんだアレ!!絶対ヤバイ!!」

とかいいながら、恥ずかしいい話だけどマジで中学生にもなってションベンちびりそうになった。

みんなも半泣きで自転車に速攻またがって必死で逃げた、とにかく家まで全力疾走した。

家に着いて少し落ち着いたんで、友達に電話かけてみた。

話を聞くとみんな自転車で逃げたみたいなんだけど、一人だけ自転車で来てない奴がいて、しかもその友達はキャッチャーやるタイプの太った子だった。

途中まで見てた友達いわく黒い人影の標的はもうキャッチャー君になってたらしい。

漫画みたいな話だけど、そのキャッチャー君転んじゃって、黒い影がキャッチャー君の体に入って、見てた友達はごめんって思いながら必死に逃げたらしい。

次の日キャッチャー君は学校に来て別に異常はなかった。

二度とあの場所にはいかない。


スポンサードリンク