滋賀・陸上自衛隊の女が駐屯地宿舎で出産、子どもの遺体を遺棄して逮捕 同僚が遺体発見して発覚

陸上自衛隊の女、子どもの遺体を遺棄して逮捕




滋賀県の陸上自衛隊今津駐屯地に所属する陸上自衛隊員の女が、宿舎で出産した子どもの遺体を遺棄したとして逮捕された。
同僚が、新聞紙に包まれた遺体を発見して発覚した。


死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、陸上自衛隊今津駐屯地の陸士長・田村榛菜容疑者(23)。

警察によると、田村容疑者は先月27日の午前6時半ごろ、駐屯地内の宿舎の自室で出産した子どもの遺体を遺棄した疑いがもたれている。
午後2時ごろに同僚が室内で新聞紙に包まれた遺体を見つけ、発覚したという。

田村容疑者の部屋は、独身者が対象の4人部屋。妊娠について、上官らに報告していなかったとみられる。

取り調べに対して、田村容疑者は容疑を認めている。
「死産だった」とも話しているということだが、司法解剖の結果、子どもは出産直後には生存していたとみられるため、警察は殺人容疑も視野に調べを進めている。
スポンサードリンク