毒親の話:私に嫌がらせをするためだけにペットを買ってきて、情が移ったら山に捨てた母親

ペットを買ってきて、情が移ったら山に捨てた母親




母は毒親だった。

私に嫌がらせをするためだけにペットを買ってきて、私が世話をして情が移ったら山に捨ててくるような人だった。

だから、姉も逃げたし私も逃げた。

でも、妹が逃げるときは…。



586. 名無しさん 2017年07月30日 17:07 ID:VxzJh9wc0
母は毒。
私に嫌がらせをするためだけにペットを買ってきて、私が世話して情が移ったら山に捨ててくるようなキチガイ。

成人後、当然、私は逃げた。
姉もとっくに逃げてる。
母は私が逃げたら、唯一可愛がってた妹に毒注入し始めた。
ようやく妹も母のとんでもない毒に気づいたみたい。
でも逃げようとしたら母に泣き落とされて断念してる。

姉が逃げる時、私は手を貸した。
私が逃げる時も、姉は手を貸してくれた。
でも、私も姉も妹には手を貸さない。

知ってるんだよ。
母がペットを父(離婚済)のところにやろうとした時、自分になつかないからって母にペットを捨てるように言ったこと。
一晩中泣いてたこと、あとで友達に笑い話にしてたよね。
他にも母の影でいろんな酷いことをしてたね。

あんたは母の毒の増幅装置だった。
けど、自分に毒が向けられたらどうしたらいいかわかんないんだよね?
妹にはいつまでも母と一緒に居てもらわないと困る。
逃げたら母が、私か姉のところに来るかもしれないから。
妹には母を最期まで看取って欲しい。

だから妹から脱出の相談されたら妹の味方のフリをして、母に連絡している。
母は反省したそぶりで妹を引き止め、妹は思いとどまる。
その繰り返し。

生かさず殺さずって、妹は知らないんだね。
やりすぎはよくないんだよ。
猛毒なんて、逃げなきゃ死ぬか殺すしかないんだ。

最近の妹はずいぶんと大人しくなって連絡も少なくなった。
なので時々妹を励ましてる。
そんな自分に笑えてしまう。


スポンサードリンク