※画像あり 西川史子の”激ヤセ”ぶりが危険水域に!「46歳にはとても見えない」の声も

西川史子の”激ヤセ”ぶりが危険水域に




昨年の5月と12月に急性胃腸炎で入院し、以降、”激ヤセ”したと指摘されている女医でタレントの西川史子(46)。
今年の7月29日にも再び胃腸炎で入院したばかりとあって、入退院を繰り返す彼女を心配する声が上がっている。



そんな中、8月2日に放送された「水トク!」(TBS系)の「世界衝撃映像100連発」に西川がゲスト出演。あまりの激ヤセぶりに驚きの声が集まった。

「顔は“ヤセた”というより“やつれた”といったほうがいいぐらい。小ジワが目立ち目の下にはクマがくっきり。顔色も悪く、まるで病人のようでした。特に目を引いたのは首で、筋が浮かび上がるほど肉が落ちているんです。全体的に骨と皮だけのように見えました」(テレビ誌ライター)

 彼女の変貌ぶりに視聴者は敏感に反応。SNSには「まるでおばあちゃんのようで心配。46歳にはとても見えない」「桂歌丸そっくり」といった意見が並んだ。

「これは入院直前に収録したものでしょう。ここまで激ヤセしているのを見ると、ただの胃腸炎なのか疑問に思えてきます。8月2日には退院したそうですが、安心はできません。一部ではもっと重大な病気ではないかとの懸念も出ています」(週刊誌記者)

 西川先生はお医者様。自分の症状はわかっているはず。早く治してかつての美しさと元気な姿を取り戻してほしいものだ。


スポンサードリンク