スペイン・イルカの赤ちゃんが興奮した人間たちの”自撮り”でショック死!!海岸に子供が一頭で迷い込んでいた

イルカの赤ちゃんが人間たちの”自撮り”でショック死




※画像はイメージです。

スペイン南部の海岸で、イルカの赤ちゃんに興奮した海水浴客が、大勢で触ったり自撮りをした結果、ショック死させてしまったことが分かった。



動物愛護団体エクイナックのフェイスブックページによると、スペイン南東部モハカルの海岸にイルカの子供が一頭で迷い込み、たちまち「数百人」の人間に囲まれた。

心配した住民がスペインの動物救急ダイヤル112に電話し、エクイナックが救出のため派遣されたが、15分後に海岸に到着したときにはすでに死んでいた。

エクイナックによれば、イルカは「ストレスにとても弱い」。とくに母親とはぐれて弱って怯えている子イルカの場合、しつこく触ったり写真を撮ったりするとショック状態に陥るという。

「寂しくてお腹が空いて怯えるイルカの気持ちがわからないのか」と、エクイナックはフェイスブックに書いている。「そっとして、すぐに助けを呼ぶべきだった」「保護動物のイルカを殺せば犯罪にもなりうる。誰であろうと見つけたら容赦なく追及する」


スポンサードリンク