渡辺美奈代、20歳の息子が”LINEスルー”したら30回の鬼電話かける!!「なんで電話に出ないんだろう」と不満げ

渡辺美奈代、20歳の息子に電話30回かける




アイドルグループ・おニャン子クラブの元メンバーだった渡辺美奈代(47)が20日、カンテレの『お笑いワイドショー マルコポロリ!』に、アーティストして活躍する長男の矢島愛弥(まなや)=(20)とそろって出演した。

そして、息子がLINEをスルーした際は、電話を30回かけるという驚愕の内容を語った。



渡辺は1996年に実業家の一般男性と結婚。翌年に長男が誕生した。渡辺が送ってきたLINEをスルーするとどうなるかについて愛弥は「1日に何回も電話がかかってくる。30回だっけ。それ以上になると電話が勝手に留守電になる機能を知っているので、30回かけてくる」と鬼電話の攻撃を受けることを訴えた。

 渡辺は息子の不満を聞いてもアゴに指を置き、「なんで電話に出ないんだろうね」とMCの東野幸治を見た。東野は「めんどくさいんです。友達と盛り上がってるときにオカンから電話がかかってきたら。友達の前で『おかあさん』というのは恥ずかしい」と青年期の男性心理を述べた。

 愛弥は「お店とかにいるとトイレに入って電話する」と子離れできない母のために涙ぐましい対応をしていることを明かした。しかし、トイレでは静かなために渡辺が「女の子の家にいるの?」と質問してくるという。

 渡辺が「(女の子の)おうちに行くんだったら行きますよって伝えなきゃだめでしょ」と当然だとの表情で話すと、東野は「ぜんぜんよろしいやん。やめて」と愛弥の味方に。ほかの共演者も「年頃やから、やめてそんなこと」と“束縛中止令”を出した。


スポンサードリンク