フランス・病気の少女、ベッドで”ネズミの群れ”に襲われる!!顔や体225箇所を噛まれたり、引っ掻かれる

病気の少女、ベッドで”ネズミの群れ”に襲われる!




フランスで、病気の少女がネズミの群れに襲われるという恐ろしい出来事が起きた。

少女は顔や体など、225箇所を噛まれたり引っ掻かれたりしたという。



フランス北部ルーベ(Roubaix)で1日夜、自宅のベッドに横たわっていた対まひ(左右対称性のまひ)の14歳少女がネズミの群れに襲われ、顔など体の225か所をかまれたり引っかかれたりしていたことが分かった。地元警察が8日、明らかにした。

少女は医療用ベッドに無防備な状態で横たわっていたところをネズミの群れに襲われ、顔を含む体全体に傷を負った。

 警察筋がAFPに語ったところによると、病院職員が3日、この少女が入院したと警察に通報した。

 地元紙によると、診察した法医学者は、傷はベッドに横たわる少女の体に群がったネズミによってつけられたものだと結論づけた。

 警察筋によると、少女の父親は大家とルーベ市を告訴した。父親は両者に対し、近くの駐車場に放置されていたごみ箱を撤去するよう繰り返し要請していたという。

 検察当局がAFPに語ったところによると、「人間の尊厳に反する住宅環境」についての予備調査が開始された。現時点ではルーベ市役所と大家のコメントは得られていない。


スポンサードリンク