泰葉、元マネージャーの自宅に”出刃包丁”や”脅迫状”を送りつける!!「警察で2度としないと誓った」と認める

泰葉、元マネージャーに”出刃包丁”や”脅迫状”を送りつける!




歌手でタレントの泰葉が、元マネジャーの男性宅に出刃包丁や脅迫状などを送りつけていたことが分かった。

元マネジャーが『週刊女性』に告発した内容は、あまりにも衝撃的なものだった。



「反論とか暴露する気はなかったんです。でも、考え方を変えざるをえなかったのは、日本全国で読まれる『週刊女性』さんに、泰葉が真実と違うことを述べているということ。

 そして、CD制作で未払いになっている法人が10社以上あるということを知ってほしかったので。僕のことより“真実はひとつだ”ということを明らかにしたいのです」

 そう静かな声で語るのは、今年8月まで泰葉のマネージャーをしていたA氏。『週刊女性』は以前から再三、インタビューを申し込んできたが、ついに彼が重い口を開いてくれた。

「私は音楽ディレクターとして28年やってきました。そして、昨年12月に泰葉のマネージャーをやっている知り合いから、“音楽部分を手伝ってくれないか”という連絡があったのです。その月に代々木の小さなライブハウスで泰葉のライブを見たんですよ。そのとき、声がすごく素晴らしかった。感動したんです」

 だが、ほどなくして彼を誘ったマネージャーが突然、泰葉からクビに。つまり、A氏だけが残されてしまったのだ。

「彼が切られてどうしようかと思ったんですけど、あの声ならミニアルバム1枚くらいやってみたいなって傾いたんです。ディレクターの性ですよね。才能ある人間にやっぱり憧れるし、燃えるんですよ」

 A氏と泰葉はCD制作について今年の2月8日、3月10日とミーティングを重ねる。そこで、CDの出し方や販売方法、そして彼女の父親である先代・林家三平さんの命日である9月20日をリリース日にすることが決まった。

「自分で『泰葉レコーズ』というレーベルを持ち、原盤フィーを持って作りたいというので、600万円くらい制作費がかかるよって。そうしたら、“私は800万円くらいかかるかと思った。大丈夫、売れるから”って。

 このとき僕は彼女の経済事情も知らないですし、3月10日には帝国ホテルのスイートルームを借りて打ち合わせをしたくらいですからね。

 僕と泰葉のほか、アレンジャーなど制作関係者6人。彼女はドンペリ3本くらいと大きいオードブルを持ってこさせ、打ち合わせが終わったあとは親睦会になり、いい形で終わったんです」

 5月18日に行われた1回目のレコーディングから、順調に音楽制作は進んでいた。あとは、CDをプレスする段階という7月中旬に、彼女から驚きの告白をされる。



「泰葉から“月末に支払うお金がない”って初めて言われたんです。なんと、会社の通帳には8000円しか入ってなかった。恐るべきは、クレジットカードがじゃらじゃらと10何枚も出てきたけど、全部未払いで止まっていると。

 D社のカードに関しては毎日のように丁寧だけど督促の電話がかかってくる。そこまで逼迫してたわけです。このとき僕はレーベルを守る立場ですから、とりあえずやばいところから3万でも5万でも払っていこうと話したんです」

 そこで、A氏はビジネス案件が決まりかけていた海外の会社を拝み倒し100万円を借りることに成功。もうひとつは、タイミングよく『週刊ポスト』のヌード撮影が決まり、編集部に頼み込んでギャラ200万円の半金を先にもらうことで、何とか7月末までに200万円を作ったのだ。

「泰葉から支払いもやってくれと頼まれたので、未払いの金額と口座番号のリストを作らせたら、クレジットカードだけじゃなくて、リースで乗っているBMW月々約13万円、駐車場代、税金、健康保険など、キャッシュで払わなくてはならないものが払ってないんですよ。

 で、月末に入った200万円で支払っていったら、全部で170万円になったんです。そうしたら、泰葉がイランに行くとか生活費が欲しいと言うので、その30万円をどうぞって渡したんです。それで、通帳は0円ですよ。でも、これからレコーディング費用などでかかった約600万円の請求が押し寄せてくるわけです……」

 それでも、泰葉は“大丈夫よ”と言うばかりで、具体策は見えてこない。そこで、A氏は意を決し、8月8日に社長である彼女に対してある提案をすることに─。

「彼女はCD発売日である9月20日に、(春風亭)小朝さんや和田アキ子さんを訴えると会見した帝国ホテルで、また会見する予定だったんです。あのときと同じく300万円かけてやろうとしていたので、そんなお金どこから出るのよと。

 そうしたら、黙っちゃって。もちろん、やんわりと言ったんですよ。最終的には、バンと彼女が帝国ホテルに電話してキャンセルしてくれたので安堵したんです。それから、“会社運営はどういうふうに考えているのか”という話や“毎日、朝の7時くらいからお酒飲むような生活はやめようよ”と話し合い、午後7時くらいに家に帰ったんです」

 ディレクターとして音楽面を支えるだけでなく、マネージャーとして金銭問題の解決にも奔走してきたA氏。そんな彼に対し、この一件で彼女の態度は一変することになる。



「8月11日から誹謗中傷のメールが3日間で40通から50通くらい来た。しかも、前日に泰葉のブログで、僕の顔と実名を出して“ストーカーだ”“セクハラだ”って始まったんです。そのうえ、自己破産とか会社倒産するなんてこともアップしたんです」

 当該のブログには《A氏(実名)の業務不履行 ストーカー行為により 私は自己破産 そして会社は倒産の道を歩まなくてはならなくなりました》と書かれていた。このブログのせいで、海外のビジネス案件が破談になってしまう。

「彼女のブログを見たその海外の企業が、“そんな会社とは仕事はできない”と断ってきた。約1000万円入るビジネスが終わったんです。CDの制作費はこの報酬で切り抜けようって思っていたのに……。

 知人を通じ“CDのプレス代は8月末までにお金を払わないとダメですけどどうしますか?”というメールを転送してもらったところ、“お金がないのでプレスを止めてください”っていうメールが来たわけです。

 すると、そこから泰葉の逆恨みが始まるわけですね。自分のお金がないからリリースを止めただけなのに、止めたのは僕だって。しかも、海外のビジネス案件でうまくお金を回す予定だったのに、自己破産、会社倒産ということをブログにアップしたために、パーになってしまった。自爆なんですよ」

 逆恨みは脅迫メールだけでなく、さらにエスカレートする。

「8月16日に仕事に行こうと家の玄関のドアを開けたら荷物が置いてあるようで重いんですよ。そうしたら、黄色いビニール袋の中に、出刃包丁と《イラン人がおまえをやりにいく》《やすはまもる》みたいなひらがなで書かれた脅迫状と犬のフンが入れられて置かれていたんです」

 翌日、A氏はこの件を警察署に相談。ただし、この時点では泰葉に対する思いもあり、被害届は提出せず、指導だけにしてほしいと言っている。

「それで、8月18日に泰葉が警察署に呼ばれるんですが、“これ見覚えある?”って刑事さんが出刃包丁、脅迫状、犬のフンの写真を見せたんです。

 はじめは知りませんって言ったそうなんですが、“脅迫状の中に泰葉って書いてあるでしょ”って問い詰めても、“近所に住んでいるイラン人が私の名前を使ってやった”みたいなことを言ったそうなんです。

 それで刑事さんは怒っちゃって、“あなた以外にやる人はいないでしょ”って強く言ったら、涙流しながら、“すみません、私がやりました”と認めたそうです」

 犯行の理由に関し泰葉は、CDのリリースを阻止されて悔しくてやったと語った。今まで被害届を提出しなかったA氏だが、ここにきて心境の変化が出てきたという。



「昨年12月から今年7月までの8か月間、僕はディレクター代など1円ももらっていない。それに、僕のツテで呼んだミュージシャンなどへのCD制作費も払われていない。最初はそれを払ってくれればいいと思っていたんです。

 でも、御誌の取材で泰葉は今でも“CD制作は勝手に元スタッフ(A氏)がしたこと”などと、すべてを僕のせいにしてウソを並べたてている。

 さすがに許せないので、僕は近く警察署に被害届を提出することにしました。刑事さんに聞いたのですが、10日から20日間は勾留される可能性があるそうです。

 彼女は今まで他人に迷惑をかけても、“海老名家のお嬢様”としてのらりくらりと逃げてきたんでしょう。さすがに今回は、きちっと司法の手にゆだねるべきだと考えました」

 『週刊女性』は9月7日、泰葉に電話で脅迫事件について話を聞くと、

「それは事実です。本当に私は追い込まれてしまって、自分を見失って、そのときの記憶がない状態なんです。記憶はないのですが、そういうことをしてしまったという自覚はあります。非常に反省しているんです。

 ところどころは覚えているのですが、前回お話ししたように、私はPTSDでもあるので、自分を追い込んでしまうんですね。警察の方にも呼ばれて、上申書を書いて“もう2度としません”と誓いました」

 全面的に非を認めたのだ。

 さらに、A氏がCD制作を勝手に決めたと『週刊女性』に語った件も、

「Aさんが正しいです。事情は聞いていたのですが、細かい情報は入ってきていなかったのでちょっとびっくりしてしまいました。それで、この前は聞いていないと言ってしまいました。そこはお詫びしたいと思っています」

 とウソであったと話した。

 では、A氏の被害届が受理された場合、泰葉はどのような罪に問われることになるのだろうか? 人間関係のトラブルに詳しい『弁護士法人・響』の徳原聖雨弁護士に聞いてみると、

「今回の件は脅迫罪が成立する可能性があると思います。一般人が怖がるかどうかというのが、裁判所が判断するポイントです。泰葉さんから送られた脅迫状の中身がどういうものかも重要ですが、出刃包丁が送られたというのは脅迫の現実味が出てきます。罪が確定すれば、2年以下の懲役か30万円以下の罰金が科されることになるでしょう」

 とのことだ。

「『週刊女性』さんの取材があったあと、泰葉は私をストーカー呼ばわりしたこともメールで謝罪してきました。ブログで書いたことをウソと認めたんです。ですが、600万円近くあるCD制作費は、どう返済されるのかは不明です。もし本人が返せないのならば、根岸の実家に肩代わりしてほしい。だって、あなたの娘が10社を超える会社に迷惑をかけているんですから」

 そこで、母である海老名香葉子に話を聞こうとしたが、代わりにマネージャーから、

「お答えすることは何もありません。(泰葉とは)まったく連絡をとっていないですね」

 と冷ややかな答えが返ってきた。金銭トラブルだけでなく、逮捕の可能性まで出てきた泰葉。はたして、彼女はどこへ向かって飛んで行くのだろうか─。


スポンサードリンク