イタリア・親子3人が火口に転落して死亡!!7歳の息子だけ生き残るもショック状態

イタリア・親子3人が火口に転落して死亡




イタリア南部ナポリ近郊で12日、浅い火山噴火口に転落したイタリア人夫婦とその息子(11)が死亡した。
唯一、7歳の息子だけが生き残ったものの、ショック状態だという。

地元当局が明らかにした。



親子は、唯一生き残った7歳の息子を含む家族4人で、ナポリ近郊にあるカルデラ「カンピ・フレグレイ(Campi Flegrei、燃える平原の意)」にある人気観光スポット、ソルファタラ(Solfatara)火口を訪れていた。

 カンピ・フレグレイ公園当局はAFPの電話取材に対し、事故の詳しい経緯は不明とした上で、家族は「安全柵を乗り越えて穴に落ちた」と説明した。

 メディア報道によると、最初に11歳の息子がフェンスを乗り越えて噴火口に転落。さらに息子を助けようとした両親も転落したという。

 7歳の息子だけが安全柵の内側にとどまり、ショック状態になっているところを発見された。当局は、3人が火山ガス噴煙を吸入して死亡したとみている。(c)AFP


スポンサードリンク