活動休止宣言のレディー・ガガ、”病名”公表!!「慢性の痛み」を抱える

活動休止宣言のレディー・ガガ、”病名”公表




音楽活動を休止する予定を発表した米歌手のレディー・ガガが12日、ツイッターで自身の抱える病名に告白した。
ガガは近く公開されるドキュメンタリーで、病気との闘いについても語っているという。



ガガさんはツイッターで「線維筋痛症」という病名を明かし、ドキュメンタリーが啓発と患者同士の出会いにつながることを願っていると述べた。

線維筋痛症は全身に痛みが起きる慢性疾患で、極度の疲労感や睡眠障害、抑うつ、頭痛などを伴うこともある。

動画配信大手ネットフリックスで22日から流れる密着ドキュメンタリーのタイトルは、小柄なガガさんの身長と同じ「Five Foot Two」(約157.5センチ)。ガガさんが医師の診察を受ける姿も紹介されている。

ドキュメンタリーは8日、トロント国際映画祭でプレミア上映された。ガガさんは会場で、自身の苦悩を映し出す内容について「つらいけれど心が解放される」と語った。

ガガさんは昨年、インスタグラムで「慢性の痛み」を抱えていることを明かし、「でもこんなに強くて知的な女医さんにみてもらえて幸せ」と書き込んでいた。


スポンサードリンク