NHKの31歳女性記者が過労死!!残業159時間…「娘の死を忘れないで、全社員で受け止めて」と父

NHKの31歳女性記者が過労死 残業159時間

日本放送協会(NHK)の記者だった女性(当時31)が、2013年7月に心不全で死亡した。
女性記者の死は過重労働が原因だったとして、2014年に渋谷労働基準監督署が労災を認定していたことが分かった。

NHKが4日に発表し、記者のピーク時の時間外労働は月150時間を超えていた。

スポンサードリンク