アメリカ・100万人に1人の確率…乳がんと診断された8歳少女「決して諦めず、前向きに生きるということを学んだ」

乳がんと診断された8歳少女「前向きに生きるということを学んだ」

アメリカに、わずか8歳という若さで100万人に1人の発症率とされる珍しい乳がんと診断された少女がいる。

彼女は病を発症し、どのようなことを考えているのだろうか?

スポンサードリンク