衝撃的だった体験:親族の前で選挙に立候補すると言っていた叔父の末路

親族の前で選挙に立候補すると言っていた叔父の末路

選挙のたびに思い出す話。

私が小学生だった頃、叔父が親族の前で選挙に出ると言い出した。
当時、叔母は双子を妊娠していたうえに、叔父は公務員だった。

当然、親戚一同で止めたんだけど…。

スポンサードリンク