血液製剤に”大腸菌”が混入し、10歳未満の白血病の少女が死亡 輸血後、悪寒や嘔吐などの症状が出て…

血液製剤に”大腸菌”が混入し、白血病の少女が死亡

白血病の治療中だった10歳未満の子どもが、大腸菌が混入した血液製剤の輸血を受けた後、死亡していたことが分かった。

スポンサードリンク