ロシア・浮気を疑った夫に両手を斧で切りつけられた女性、子供たちには「交通事故に遭って手を失った」と話す

突然人が変わったようになってしまった夫に対して、彼との溝は修復不可能と悟った妻が離婚を申し出た。ところが夫は妻の不貞を疑い逆上し、妻の両手を斧で切りつけるという残虐極まりない行為に出た。その妻がようやく退院し、2人の幼い我が子と再会できたことを喜びつつ、辛い事件を乗り越えて前向きに生きることを語った。英メディア『Mirror』などが伝えている。

昨年12月中旬、ロシアのモスクワで残忍な家庭内暴力事件が発生した。ドミトリー・グラチョフ(26歳)の妻で5歳と3歳の子の母でもあるマルガリータさん(25歳)は、モスクワ近郊の森の中で夫に両手を斧で切つけられたのだ。

ドミトリーは、マルガリータさんが勤務していたマーケティング会社の同僚で離婚歴のあるアレクサンダー・チェルカソフさん(39歳)と浮気をしていると思い込んだ。単なる同僚としてメッセージをやり取りしていた2人が、互いに子供連れで映画館に行った事実を知ると、ドミトリーは2人の仲を疑いマルガリータさんの車を尾行し、「不倫などしていない」と潔白を主張し続けるマルガリータさんを嘘発見器にもかけたりもした。しかし結果はシロ。かつて妻に手をあげるような行為など一切なかったドミトリーだが、妻への不信感が募るばかりで次第に暴力的になっていくばかりだった。マルガリータさんはどうにかして以前の夫に戻ってくれることを願っていたが、夫婦間の修復は不可能であることがわかり、5年の結婚生活に終止符を打つべく離婚を申し出た。

これに逆上したドミトリーは、ナイフでマルガリータさんを脅して車で森の中へ連れて行った。そしてマルガリータさんに「お前に酸をぶっかけてやる」などと脅し、斧で彼女の両手を切りつけたのである。ドミトリーはその後、車でマルガリータさんを病院へ連れて行き、警察に自首した。マルガリータさんの傷は非常に深く、9時間にも及ぶ手術の末に左手は縫合に成功したものの、右手は完全に失われてしまった。

スポンサードリンク