洒落にならない怖い話:宝石店の常連だった70代くらいの女性は、全身をピンクで固めていた。その人の担当になっていた先輩が…

宝石店の常連だった70代の女性は、全身をピンクで固めていた

11月13日、サザビーズがジュネーブで開催したオークションで、59.60カラットの大粒ピンクダイヤモンドが、総額7630万スイスフラン(約82億8000万円)で落札された。宝石オークション史上最高額という。写真は先月香港で撮影(2013年 ロイター/Tyrone Siu)

某宝石店で働いていた時の話。

ある先輩Sさんの顧客に、70歳前後の裕福な女性がいたんだけど、従業員の間では「ピンクちゃん」と呼ばれていた。
とにかく服やメイクや小物の全てがピンクだったからだが、担当していた先輩がだんだんと痩せていき…。

スポンサードリンク