因果応報の話:私の名前が珍しいというだけで、壮絶ないじめに遭ってきた。主犯格の4人が不幸になることを願い続けた結果…

65
怖くないかもしれないけど、私が呪ったと言われてる体験を書きます。

小学校高学年から中学校卒業までの5年間、苗字も名前も珍しいという理由で、
「名前が汚い」「菌がうつる」といじめを受けて来ました。
悪口だけではなく、私が日直の日は黒板の当番を書く場所に「バイキン」と書かれていたり、物を隠される、壊される等の被害にも遭いました。
幸い暴力はありませんでしたが、鳥の死骸を机に入れられ、
女子が口裏を合わせて「○○さんがコロしてました」と嘘をつき、先生が親を呼び出すなどのことも。

毎日がつらかったのですが、親に相談しても
「高校に行くまで我慢しろ、いじめられるほうが悪い」
と言われ取り合ってもらえませんでした。

66
中学校は私の通っていた小学校からは全員、他の小学校からの生徒が少し入る学区で、いじめは市内のほぼすべての学校に知られていたと思います。
塾で他校の生徒から「バイキンが来た」と言われたり、
自転車で通りかかった後ろから「気持悪いんだよ!」と罵られたりしました。
学校のない日曜も外に出れば罵声を浴びる日々でした。

いつしか私は、事の発端となった女子グループを強く憎んでいました。
ただ死ぬだけでは足りない、生きているのが辛いのに自サツすら出来ないほどの状況に陥ればいいと、毎日のように考えるようになりました。
それは段々と具体的になり、
Aは不治の病で苦しむこと、Bは事故にあうこと、Cは家族に災厄が振りかかること、Dは犯罪者になること…
私をいじめていた主犯格の女子は4人いて、中学校を卒業するまで3年間、1日も休まず4人の不幸を願いました。

スポンサードリンク