世界の不気味な怖い話:1900年頃、ロシアでとあるレコードを売っていた雑貨商が惨殺され…

15/05/08
1900年頃、ロシアのペテルベルクに、ある雑貨商がいた。

彼は当時まだ珍しかった蓄音機とレコードを商っていたが、その頃のレコードはダンス音楽やブラスバンドや俗謡しかなく売り上げも伸びなかった。

そこで彼は英国グラモフォン社に、ある企画を提案した。

それは、ロシア帝立オペラの歌手にレコードを吹き込ませて商品にしようというものだった。

彼の懸命の説得もあって帝立オペラの歌手たちは録音契約に応じ、レコードは大ヒットとなった。

彼はこれによって少なからぬ金を手にしたが、その金でさらに商売を拡大するために彼自身の録音スタジオとレコードのテスト生産設備をつくった。

ますます商売がうまくいくかと思ったある日、彼は惨殺死体で発見された。

警察の調査も行き詰まり事件は迷宮入りとなった。

スポンサードリンク