オーストラリア・舌を真っ二つに、目にはタトゥーも…身体改造40か所以上の21歳男性「人を見た目で判断すべきじゃない」

美を求めて整形を繰り返す人がいるように、オーストラリアに身体改造を繰り返している21歳の男性がいた。11歳の頃から自身の改造に目覚めたこの男性は、すでに40か所以上の施術を行ってきたという。『Mirror』などが伝えている。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州セントラルコースト在住のイーサン・ブランブルさん(21歳)は若くして1児の父であるが、その見た目は一般的な父親像とはかけ離れている。

自称「世界で一番身体改造をしている若者」のイーサンさんは、これまでの10年間で40か所以上もの身体改造を行ってきた。最初は11歳の時に両耳のピアスの穴を大きく広げたことだったそうだ。17歳になる頃には激しい身体改造にかなり興味を持つようになり、舌を真っ二つに割れさせた。しかしこの激しい施術は数日間イーサンさんの飲食を不可能にし、後に「死に近付いた5日間だった」と語っている。

だが、どんなに激しい痛みを伴ってもイーサンさんの身体改造は止まらず「激痛も100%の価値がある」とイーサンさんは言う。鼻の両側にはピアスを貫通させるために穴を開け、おへそを除去し、眼球には黒インクでタトゥーを入れた。タトゥー店で8年勤務しているイーサンさんには、150パターンものタトゥーが全身にある。自らを「変な容姿をした男」と呼ぶイーサンさんの姿を見た人々は、やはりその強烈な風貌に目を惹きつけられるようだ。

スポンサードリンク