指を9本失った登山家・栗城史多さん死去 35歳 8度目のエベレスト挑戦も下山途中に「遺体となり、発見されました」

登山家・栗城史多さん死去 35歳

登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが21日、エベレスト登頂を目指している途中で死亡したことが分かった。35歳だった。

栗城さんは北海道出身で、4月17日から8度目のエベレスト登頂に挑戦していたが、体調不良で下山途中だった。

スポンサードリンク