【涙腺崩壊】彼女「借金なんて関係ないから結婚したい!」俺「ありがとうな」→友人や周囲の反対を押し切って結婚したのだが…

結婚したのは21年前。

妻は高校時代の同級生で、7年付き合って25歳で結婚した。

当時、俺の父親は商売に失敗し、7千万ほどの借金を抱えていた。

今の時代ならあっさり自己破産だろうが、当時はそんなことは許されなかった。

そんな俺だったが、当時の彼女だった妻が結婚をしぶるとは考えもしなかった。

借金だらけだったから、両親も親戚も猛反対だった。

反対を押し切った形で結婚を決めた。

結納はなし。

指輪も、彼女の親の手前があるので用意したが実は彼女自身の貯金で買ったものだった。

結婚すると決めて、俺の親に報告したとき

お袋は「○○(俺)は30まで結婚させたくないのに。」と、嫌な顔で言った。

親父は「勝手にすればいい。」と言い、すでに嫁いでいた妹だけが「おめでとう。」と言った。

そのあと、にやっと笑って「いっしょに借金返すんだね。」と言った。

↓次のページへ↓

スポンサードリンク