俺『一時間3000円で家庭教師します!』オバちゃん「毎日来て欲しい、一日4時間お願いする!!」『ぜひ!(まじかよ~12000円だっ、やったぜ~)』衝撃の結末が待っていた!!

俺はまじかよ、12000円だやったぜとか思ってた。馬鹿だったと思う。

一日4時間毎日頼む時点でおかしいと思うべきだった。

「次の日からさっそく来て欲しい」とのことだったので次の日から行った。

夕方(五時ぐらいだったかな?)から四時間やるので飯を早めに食って家を出た。

言われた住所の所に着くと古くて小さな家がポツンと佇んでいた。

時間帯も時間帯だったのでなかなか怖い雰囲気を醸し出していた。

まぁ仕事だから…と恐る恐るチャイムを鳴らした。

すると、電話と同じ中年のオバチャンの声がして何故か安心。

ドアを開けたオバチャンを見て俺は言葉を失った。

フケだらけ頭。どす黒く目元にある隈。

ニタァーっと気色の悪い笑顔。

一瞬で帰りたくなったがまだお金の方が勝った。

↓次のページへ↓

スポンサードリンク