バカ親「ごめんね~、子供がちょっと壊しちゃったみたいで~」俺「全部で314万になります!」

葬儀の段取り終わって家に帰ったら

居間に有るはずのない模型の

残骸とゲームとDVDが転がってて

再従兄弟(女)が

「ごめんね~子供がちょっと

壊しちゃったみたいで~」

とか半笑いでほざいてた。

慌てて部屋に入ったら

膝から崩れ落ちた。

俺の部屋は建て替えの時に

ほぼ全額俺が出す代わりに

好き勝手に設計して建ててるから

フィギュアと模型の

ディスプレイもキチンと

してたんだけどもう見る影もない。

ガラクタと残骸の山になってて絶句。

後ろから付いてきた

再従兄弟旦那も

「うぇ」

みたいな声出してフリーズ、

ちょっと壊したってのは

居間にあったプラモだけだと思って

たらしく部屋の惨状を見て

やらかしたことを初めて認識したらしい。

正直ここから俺の記憶はかなり曖昧で

誰に声かけられても大丈夫しか

言ってなかったらしいけど覚えてない。

そんな状態でも一応祖母の葬儀と出棺、

納骨までは何とか普通に動いてたけど

終わった途端すんごい暴れたらしい。

その次の週の土曜に

再従兄弟夫婦が訪ねてきて

弁償するので見積もりを

出して欲しいと言ってきた。

一応ソレまでに部屋の片付けと

どれが無事かのチェックはしてたけど

模型はもう数えるのは諦めた。

旦那はオタ趣味にある程度知識が

あってざっと見ただけでも

万超えのアイテムが幾つもあったのを見てて

相当な金額が請求されるのを覚悟してた。

ひとまずということで

その場で5万程渡されたけど

それを見て再従兄弟が発狂。

「子供のしたことだし

そんな大金請求するわけ無いじゃない!!」

とか

「あんたそんなお金

どこから持ってきたの!!」

とかだった。

旦那が

「それじゃ今すぐお前のバッグと靴を壊してこい、

同じ事したんだから当たり前だろう!!」

とブチギレ。

再従兄弟は一応それで黙ったけど

ちょいちょいブチブチ言ってた。

 

次ページへ続きます

スポンサードリンク