※閲覧注意 カナダ・旅客機から…?空から降って来た糞便を浴びた女性、病院へ!あまりの悪臭に思わず泣き出す

屋外で鳥の糞が降ってくることはよくある話だが、このほどカナダで空から降って来た糞便を顔に受けてしまった女性がいた。それが大量だったことから、旅客機からではないかと疑いを持たれている。『Global News』『New York Post』などが伝えた。

糞便を顔に受けてしまったのは、カナダのブリティッシュコロンビア州ケロウナで車の運転中だったスーザン・アレンさん(Susan Allen)だ。彼女は先月9日、息子のトラヴィス・スウィートさん(Travis Sweet)と一緒にレストランでランチをしようと車で出かけた。

その日は天気が良く、サンルーフを開けて運転していた。途中のスパールロードとバーナードアベニューの交差点で赤信号のため停車したのだが、その直後に車中は一瞬にして糞便に覆われることとなった。スーザンさんは当時のことをこのように振り返っている。

「車の中は突然、空から降って来た液状の糞便に覆われました。私のシャツは汚れ、それだけでなく顔全体も糞まみれでした。車の中はもちろん車のボディ全体も汚れてしまったのです。また私達のそばに停車していたトラックも、糞便を浴びてしまったようです。」

「その時、空を見上げると大きな旅客機が飛んでいるのが見えました。そして、その糞便は空から降って来たのです。」

同乗していた息子のトラヴィスさんも「あの瞬間、顔と肩のあたりに冷たい物を浴びた感覚がありました。それからすぐ悪臭が鼻をついて、私は吐きそうになりました。本当にひどい臭いだったんですよ」と話している。スーザンさんは当時、あまりの悪臭に思わず泣き出してしまったとのことだ。

スポンサードリンク