父の前の妻の息子が家に来て一緒に暮らすことになった。→新しい兄とその友人たちに襲われた→父「お母さんには言うな」・・・

第一印象は今風に言えば「チャラそう」母も私も難色を示したものの、父が「俺の息子なんだよ」と言ったから戸惑いつつ受け入れた。

父は女しかいなかった家に男が増えたことを単純に喜んでいるようだった。

母と再婚後はほとんど面会しなかったそうだから、息子に罪悪感でもあったのかもしれない。

四人の生活が始まって、すぐ後悔した。兄②は最悪なお客様だった。

次のページに続きます…

スポンサードリンク