【※女装癖※】「スカートあげようか?」「えっ、本当!貰っていいの!?」知り合いの男の子がスカートにテンション上がっていた・・・

中性的な知り合いの男の子

ちょっと何言ってるか分からないかもしれませんが、語らせてください

一応スペックです

>>1
当時16歳
女 チビ 眼鏡

男の子
当時17歳
中性的で、端整な顔をしてました
背は普通、痩せてた

私は、物心ついたときから母一人、子一人の母子家庭でした。

恐らく、生まれてから10歳ぐらいまでは、超ド田舎で暮らしていました。

周りにはお爺ちゃんお婆ちゃん、あとは田んぼぐらいしかありませんでした

田舎に住んでいたとき、私の家の隣にはとっても優しいお婆さんが住んでいました。

面倒見がよく、母が仕事で遅い時などはよくお家にお邪魔させてもらいました。

その孫にあたるのが、スレタイの男の子です。

いちいち男の子と書くのも面倒なので、「ゆき」というあだ名を使うことにします。

ゆきは、何もない田舎での、私の唯一の友達でした。

私はもともと、ちょっと勝気なところがありますが、ゆきはその正反対。

いつも静かに笑っていて、私のあとからついてくるような、ちょっとオドオドした子でした。

私はいつもゆきを引き連れ、色々なことをして遊びました。

ゆきのお婆さんも、「孫が二人できたみたいねー」なんて言っていましたw

スポンサードリンク