【※青春※】女「あなた、昔からこの辺りに住んでいる?」 この転校生の一言から男の日常が変わった結果・・・

とある学校の教室に転校生がやってくる

男「へぇ~……転校生が来るのか」

男友「でも、二学期からって珍しいよなぁ。 何があったんだろう?」

男「そこはいろいろあるんじゃないの? 親の都合とか、理由くらい幾らでもあるだろ」

男友「まぁ、現実的に考えてみればそこに落ち着くか……」

男「それで? うちのクラスにやってくる転校生というのは、男? 女?」

男友「……どうも女らしい。 しかも、オマケにレベルが高いそうだ」

男「流石、校内にあらゆる人脈を持つ男だな。 何でも知っている」

男友「まぁな。 でも、お前にとってみればこんな情報どっちでも構わないだろ?」

男「別にそんなことはないぞ。 クラスに可愛い女の子が増えることは、喜ばしいことじゃないか」

男友「お前には姉さんがいるじゃないか」

男「……どうしてそこで姉ちゃんが出てくるんだ」

男友「知らないわけじゃないだろ? 校内で、“男と姉さんは実は血の繋がっていない姉弟で、付き合っているのではないか”という憶測が飛び交っていることを」

男「……そりゃあ、まぁ」

男友「それどころじゃない、俺くらいにもなると、もっと多種多様な噂話を聞くことができるからな」

男「よくやるよ……姉ちゃんと仲が良いことは認めるけど、前から言っているように、そんな特別な関係であるわけがないだろ」

『キーンコーンカーンコーン』

男「おっ……チャイムか」

男友「さて、謎の転校生のお披露目の時間だぜ」

『ガラララッ!』

先生「席着け~……あぁー、いろいろと面倒だから、転校生の紹介だけするぞ」

男生徒1「それでいいのかよ」

男生徒2「相変わらず先生は適当だなぁ」

先生「いいだろ~、そんなこと。 第一、お前たちにも不都合じゃないはずだしな」

男(やる時はちゃんとやってくれる先生だったら、誰もそんな風に愚痴ったりしないよ……)

先生「そんじゃあ、とりあえず……女! 入ってこい!」

『ガラララッ』

男友「……おぉっ!」

男(なるほど……レベルが高いというのは、強ち嘘でもなかったんだな)

女「……初めまして、女といいます。よろしくお願いします」

スポンサードリンク