埼玉・3歳女児死亡事件 残酷な虐待行為をLINEでやりとり やけどを負った次女に「顔まじやばいw」

やけどを負った次女に「顔まじやばいw」

埼玉県狭山市のマンションで昨年1月、藤本羽月(はづき)ちゃん=当時(3)=が顔にやけどを負って死亡しているのが見つかった事件で、保護責任者遺棄致死や傷害などの罪に問われた母親の内縁の夫で無職・大河原優樹被告(26)の裁判員裁判の初公判が11日、さいたま地裁(高山光明裁判長)で開かれた。

大河原被告が、内縁の妻だった藤本彩香被告(24)=保護責任者遺棄致死罪などで起訴=とともに、羽月ちゃんの手をネクタイで縛ることを「手」、口に布巾を詰めてテープでふさぐことを「口」、首を鎖につなぐことを「首」と称し、無料通話アプリ「LINE(ライン)」上でやり取りしていた実態が明かされた。

互いに罪をなすりつけあうこの内縁の夫婦の、鬼畜としかいいようのない所業は次の通りだ。

スポンサードリンク