SMAP、大みそかも4対1…中居らは都内で“慰労会”、キムタクは海外旅行濃厚?

SMAP大みそかも4対1?

btjjwqmcyaqiuw9


国民的アイドルグループ・SMAPが解散する大みそかに、リーダーの中居正広(44)、稲垣吾郎(43)、草彅剛(42)、香取慎吾(39)の4人が“慰労会”を行うことが23日、分かった。

最後の最後まで、4対1となってしまうのか。


SMAP最後の日、メンバーの動向は次のとおりだ。

複数の関係者によると、中居、稲垣、草なぎ、香取の4人は大みそかに都内に集結し、“慰労会”を開催。グループ結成から28年間、デビューから25年間、苦楽をともにしてきた日々に終止符を打つ瞬間を一緒に迎える。一方、木村は来週まで、来年1月15日スタートのTBS系「A LIFE~愛しき人~」(日曜後9・0)を撮影。解散を発表した8月も妻の工藤静香(46)、2人の娘と米ハワイ旅行に出かけており、年末も大切な家族と海外で休暇を過ごすことが濃厚だ。

 5人は1月に解散騒動が表面化。木村以外の4人が元チーフマネジャーの女性の独立計画に同調、木村がジャニーズ事務所残留を決意したことが明らかになった。その後、「スマスマ」でグループ存続宣言をするも結局、8月に年内解散を発表。最大の要因は元マネジャーを慕う香取と木村の溝が埋まらなかったこと。心の距離が縮まらず4対1のまま、SMAPラストデーも迎えることになってしまった。

 また、この日、ジャニーズ事務所がSMAPの紅白出場辞退を発表。19日に事務所幹部が紅白サイドに辞退を正式に申し入れた。事務所はその際に手渡した5人の気持ちを書いた連名の書面も公表した。

 SMAPのラストステージについて「メンバーそれぞれにずっと悩み考えてきました」と苦悩を吐露。26日の最終回で20年9カ月の歴史に幕を閉じる「スマスマ」を「ラストステージとさせて頂きたい」と5人の意向を綴った。紅白には23回出場し、大トリも5度務めただけに感謝の言葉もしたためられた。

 NHKは粘り強く紅白出場の交渉を続けてきた。先月24日に発表された出場歌手の中に、SMAPの名前はなかったが、大みそかギリギリまでの交渉継続を宣言。出場歌手を例年より数組少ない46組にし、SMAPのための“空白の15分”も確保していた。

 さらに、5人と親交の深いタレント、タモリ(71)と、木村と高校の同級生であるマツコ・デラックス(44)をスペシャルゲストに迎え、中居とTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で共演する歌手で女優、大竹しのぶ(59)が初出場するなどスマップシフトを敢行。出演しやすい環境を整えてきたが、同局はこの日、「大変残念ではありますが、SMAPの皆さんの意思を尊重する」と断念した。

 SMAPの生出演が消滅したことで、焦点は“空白の15分”の使い道に。SMAPの過去の出演映像の特集も予想されるが、SMAPと同じレコード会社の星野源(35)が出演したTBS系「逃げるは恥だが役に立つ」の社会現象となった“恋ダンス”のロングバージョン企画も浮上。紅白審査員になった新垣結衣(28)、石田ゆり子(47)ら「逃げ恥」キャスト総出演の“恋ダンス”披露もありそうだ。



もしも、この4対1の大みそかが事実であれば、最後の最後まで心が離れてしまった5人の姿が瞼に浮かび、何とも胸が締め付けられるような思いだ。
スポンサードリンク