清原和博の告白本出版の噂に元妻・亜希が恐れを抱く理由

清原和博、告白本出版のうわさ

ogp


ファッション誌『HERS』(1月号)で亜希(47)が紹介した『“今の私”を作る「7つの言葉」』。

《“そのまま”を受け入れる》
《明るい母ちゃん》
《足腰=原動力》
《コツコツが勝つコツ》
《食を大切にする》
《おしゃれの仕上げは「ラフな髪の毛」》
《倒れても起き上がれる自分でいたい》


今年の2月、元夫の清原和博(49)が覚醒剤取締法違反で逮捕され、ファッション誌の企画が中止になるなど亜希への影響も大きかった。
それでも育ち盛りの2人の息子を持つ亜希は、騒動後に立ち上げた新ブランドを軌道に乗せると、モデルとして様々な雑誌に登場。

12月15日にはインスタグラムに《小料理屋亜希 本日営業致します》と綴り、どん底の2016年を支えてくれた周囲に手料理を振る舞う会を自宅で開いた。

平穏を取り戻しつつある彼女だが、現在、”不穏な噂”に悩まされているという………。


亜希の知人は、

「保釈後、宮古島の高級ホテルで悠々自適の生活を送っていた清原さんも、最近はお金に困っているそうです。告白本を出版するという話もあり、亜希さんは自分や息子の話が晒され、また周囲が騒がしくなるのではと恐れているんです」

と語る。

最近、清原の行動は広がっており………。

「元楽天監督のデーブ大久保さん(49才)の焼き肉店や、昔の行きつけのお店にも顔を出しているようです。まさかバッタリ会うということはないでしょうが…」(清原の知人)



一難去ってまた一難………。
それでも彼女は、「そのままを受け入れ」、「明るい母ちゃん」として、2人の息子を守っていくだろう。

スポンサードリンク