SMAPラストで異常事態…メンバー間の確執が鮮明、木村の意味深な単独行動!「5人旅」でも感じられた違和感

SMAP、「5人旅」でも漂う不仲な空気

o0720040512473430092


大みそかをもって解散する人気グループ・SMAPは、ついに5人全員が揃うステージとしてはラストとなるとみられているパフォーマンスを終えた――。

SMAPが20年以上にわたりレギュラー出演してきたテレビ番組のフジテレビ系『SMAP×SMAP』の最終回特番が12月26日、およそ5時間にわたり放送された。
ほぼ全編が過去放送分の総集編で構成され、最終回向けに新たに収録されたSMAP登場部分は、エンディングのわずか12分。
さらに“ラストステージ”となった『世界に一つだけの花』の歌唱部分はおよそ4分のみだった。



床や壁全体が真っ白なスタジオのバックには、無数の花がメンバー5人を囲むように設えられ、SMAPは黒のタキシード姿で“最後の曲”を歌った。音楽が止むと、5人横に並んだまま約1分30秒にわたり頭を下げ続け、上から真っ白な幕が下がり、完全に幕が閉じたあとも、しばらくの間5人は頭を下げ続けた。

スタッフの収録終了を告げる声が響き渡ると、中居正広はひとりステージ後方に下がり、約50秒にわたり背中を丸めて号泣。その間、スタジオ内にはスタッフの拍手が鳴り響き、他のメンバー4人は前を見つめているという異様な状態になった。

そしてエンドロールが流れる中で、メンバー5人はスタッフ一人ひとりと記念撮影を行った後、まず中居が先頭で足早に画面からはけ、それに香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛(編注:「なぎ」は正式名は漢字)の順で続いた。そして4人全員がはけると、一呼吸置いて木村拓哉ひとりがゆっくりと軽く会釈をしながら、画面からはけていった。

今回の内容を、メディア関係者はどのようにみているのか、その声を聞いてみると、早くもスマスマ最終回が物議を醸しているようだ。週刊誌記者は次のような見方を示す。

「これまで、中居ら4名と木村の間の確執がさんざん報じられてきましたが、最後の退場シーンでは4人が足早に画面からはけ、木村だけがひとり、意味深な表情とスローな動きで画面からはけました。このシーンは、まさにグループ内の確執を象徴していたといえるでしょう。また、木村のわざとらしさが鼻につき、悪い印象を視聴者に与えてしまったでしょう」

また、別の週刊誌記者も次のように語る。

「2013年に放送された『初めての5人旅スペシャル』の総集編では、メンバーがみんなで楽しそうに温泉旅館内で卓球に興じたり、プリクラを撮ったり、さらに中居の選曲でSMAP曲を熱唱しているシーンを見て、『当時はまだグループ内の確執はそれほどではなかったんだな』と感じました。しかし、移動中の車中で運転する中居と、助手席に座る木村が全然目を合わせず、口もきかない様子を改めて見て、長きにわたる2人の間の決定的なわだかまりを垣間見た気もしました」

いずれにせよ、SMAPはあと数日で解散を迎える。



今にして思えば、あの時から既に…との憶測はやまない。
もう、メンバーの溝は誰にも埋めることができないということだけを思い知らされたような気分である。

スポンサードリンク