「たった5人の署名すら集められないのか…」SMAP『紅白』辞退ファクスが、まるで“怪文書”だった

SMAP『紅白』辞退ファクス、「たった5人の署名すら集められないのか…」

9f766e2468dcccb6700e5a05a4860dc6


大晦日をもって解散する国民的アイドルグループ・SMAPのメンバーが、『NHK紅白歌合戦』担当者に送った出演辞退を伝えるファクスが“怪文書”すぎると話題だ。

ファクスには、最後のステージを「20年間一緒に歩んできたスタッフがいて、5人でレギュラー出演をさせて頂いた『SMAP×SMAP』を自分たちのラストステージとさせて頂きたいという想いに至りました」と辞退の理由が記されている。日付は12月19日。
SMAPメンバーの記名は、中居、木村、稲垣、草彅、香取の順番となっているのだが………。



「こうしたファクスを送る場合は、文面はワープロ書きでも、末尾の署名は自筆とするのが通例です。ネット上では『SMAPファンは37万人の解散撤回署名を集めたのに、ジャニーズ事務所はたった5名の所属タレントの署名すら集められないのか』といったツッコミが相次いでいます。特定の人間の署名だけがあるのも不自然ですし、メンバーの誰かが署名を拒んだ可能性も考えられます」(業界関係者)


さらに文面は、「陰ながらにはなってしまいますが、第67回紅白歌合戦のご成功を心よりお祈りしております」と続いている。
ネット上で話題の“お祈りメール”なのだ。

「就職活動で落ちた会社から届く“貴方様の今後のご活躍をお祈りしております”といった心にもない言葉から話題になった文体ですね。今回のファクス全体の文章も、他人事な印象を受けます。1月の“スマスマ生謝罪”を彷彿とさせます」(前出・同)



しかし、自分達のラストステージとは言うものの、26日に放送されたフジテレビ系『SMAP×SMAP』の最終回は、ほとんどが総集編で占められるており、最後の登場シーンもわずか12分程度だった。
ファクスの最後の一文は「そしてこれからもメンバー5人それぞれに、お世話になることもあるかと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します」と締められている。
これは、5人そろったSMAPは二度と出現しないという、ジャニーズサイドの強い意思を表しているのかもしれない。

歌唱の場面で涙を流していたリーダーの中居。泣くのをこらえていた香取。
メンバーの本心が、いつか聞けることを願いたい。
スポンサードリンク