SMAP“肉声”生謝罪が消えて現れた亀裂…木村の立場悪くなる契機に「メンバーが作った謝罪コメント読まれず」

SMAP“肉声”生謝罪が消えて現れた亀裂とは?

smap%e8%ac%9d%e7%bd%aa


大みそかで解散する国民的アイドルグループ・SMAPは、メンバーの肉声での説明が一切ないまま、26日のフジテレビ系冠番組「SMAP×SMAP」最終回を最後に5人そろっての活動に終止符を打った。

誰もが「国民的」と認めた不世出のグループが何らかの言葉を発するのは使命であり、ファンへの最低限の誠意と思われたのだが…。

これまでも、SMAPのメンバー自身も認める解散危機は3回あった。
それらを乗り越えてきた5人がなぜ今回は解散し、なぜ口を閉ざすのか――。



「全ては、あの“生謝罪”に行き着く。実は、メンバーは自分たちで謝罪のコメントを作っていた。だが、それが読まれることはなかった」


番組関係者によると、今年1月18日の「SMAP×SMAP」でメンバー全員で“生謝罪”した際、元々自分たちで考えたコメントがボツになったのだという。

「お騒がせして申し訳ありませんなどと書かれた内容だったが、ポイントが不明瞭だった。誰に申し訳ないのかなど責任の所在などを明確にするよう事務所側から指示があり、あの内容になった。あれだけの騒動になったのだから一企業の対応として決して間違っていない。だが、深い傷を負っていたメンバーたちの限界を超えた。特別扱いのように周知された木村さんも、裏切り者のように言われるきっかけとなりかわいそうだった」(番組関係者)



これ以降、番組内でメンバー間の亀裂が露骨に表面化されていく。
メンバーは固く口を閉ざし、希代の影響力を誇るSMAPが最大の武器である“発信力”を封印し、肉声なき終止符へ至ったのだ。

スマスマ最終回のために撮られた12分間のエンディング。
大ヒット曲の「世界に一つだけの花」のラストは、いつもなら全員で人さし指を立てて左右に振る場面だった。
しかし、リーダーの中居正広(44)は(1)一度、拳を握り(2)思いきり開くと(3)親指から順に折り(4)再び拳を強く握り締め(5)最後はその手を大きく開いて何度も左右に振った………。

5本の指はメンバー5人。
全部の指が一つに集まる拳はSMAPを意味し、一度開いた手を親指から1本ずつ折って再び拳を作る様子は「必ず5人は結集する」とのメッセージなのか、その真意は分からない。
ただ、拳を握り締めた強さは真っ赤な指先に表れ、視聴者の胸を締め付けた。

2017年までもう間もなく。
来年からは、SMAPのいない一年が始まる。
スポンサードリンク