入社めぐり裁判おこした日テレ・笹崎里菜アナが“面倒くさい女”扱いされている理由とは

「今の彼女の立場としては、ごく普通のアナウンサーと同様です。特別な厚遇や冷遇があるわけではありません。ただ、現場スタッフは気を使っているように感じますね」

一体、どのように気を遣われているというのか?

「入社から2年が経過するとそろそろ新人というレッテルが剥がれます。この時期は、アナウンス技術を伸ばしていかないといけない大切な時期でもあるんです。通常なら、彼女が出演している各番組のプロデューサーなりディレクターが、細かいアドバイスをしてアナウンス技術が向上するように仕事の手はずを整えるのですが、笹崎アナの場合は周囲が助言などをしないんですよ」(同)

原因は、どう考えても入社の経緯のような気がするが…。

「誰も明確に理由を言いませんが、明らかに入社時の訴訟を意識しているようです。必要以上に関わりたくない相手という見方をされていますね。よほどのミスがあれば叱責するでしょうが、本来ならスタッフがアドバイスをするような場面でも彼女の場合にはほとんどスルーされていますね」(同)

表向きの待遇は他のアナウンサーと同様のようだが、内実は違うようだ。

「そもそも入社時に裁判までして入っているので、上層部からも『接し方には気を付けろ』と指示されています。この言葉の真意は『平等に扱え』ということなんですが、現場スタッフとしては、よかれと思っていったことが差別的だと受け止められたら面倒なので、誰もが積極的に関わることを避けているんです」(同)

他の同期入社のメンバーと同じように入社できたならまだしも、「やっぱり私だけ…」と笹崎アナにキレられでもしたらスタッフはたまったものではないだろう。
かといって、そうまでして入社した会社だからこそ「成長したい」との気持ちもあるはず。
だが、誰も声をかけてくれないなかで彼女はどうしたらいいのか。

「自力で成長していくしかありません。局アナは入社から5年目がひとつの節目といわれており、その時点でアナウンサーとしてこれ以上は伸びしろがないと判断されれば、他部署に飛ばされることもあります。笹崎アナの場合、あと3年。それまでに自力でアナウンス技術を向上させ、自分の確固たる地位を築かないといけません。

 無論、アナウンサーとしての技術がなかったとしても、下手に他部署に飛ばせばまた厄介なことになるかもしれないので、彼女の場合には例外となる可能性もあるかもしれませんが……。いずれにしても自力でのし上がるしかないですね。今後も、誰も彼女とは深く関わろうとしませんから」(同)

入社5年目を節目とする考え方は、日本テレビではよくあることだという。
特例扱いされない場合には、あと3年で飛ばされる可能性もあるのだ。

彼女の踏ん張り次第によっては、高く評価されることも当然あるだろう。
今後の笹崎アナを見守りたい。

スポンサードリンク