マツコ、有吉もコメントなし?夏目三久が『怒り新党』最終回からも抹消のワケとは

『怒り新党』最終回、夏目三久についてコメントなし

先月29日、テレビ朝日系バラエティ番組『マツコ&有吉の怒り新党』が最終回を迎えた。

最終回ではこれまでの場面を振り返る総集編のような内容が放送され、継続番組となる『マツコ&有吉かりそめ天国』(同)のセットもお披露目された。
当番組で降板となる、アシスタントの青山愛アナウンサー(28)が番組の最後に涙を流すシーンも。
最終回の平均視聴率は11.0%を記録し、人気番組の歴史にひとまず終止符を打った。

2011年から放送をスタートし、二人のトークが人気を集めてきたが、今回の最終回では一部の視聴者の間から不満の声も囁かれたのだという。
その原因は、初代アシスタントをつとめたフリーアナウンサーの夏目三久(32)の扱いについてだ。

スポンサードリンク