ゲス川谷活動再開の陰で、ベッキーが歌手活動を熱望か お蔵入りとなった「槇原敬之の曲」発売計画とは

ベッキー、槇原敬之の楽曲で歌手活動を熱望か




優等生キャラが崩壊するきっかけとなった“ゲス不倫”騒動から、1年3カ月が過ぎた。
タレントとしての本格復帰にはまだ至っていないベッキー(33)だが、実は番組MCよりも彼女が熱望する“仕事”があったという。



「それは歌です。彼女にとって8枚目のシングルになるはずだった曲で作詞・作曲は槙原敬之(47)さんです。ベッキー本人が大ファンだったということで、15年初頭にベッキーサイドが槙原さんにオファーし、すでに曲は完成していたと聞いています。しかし、16年1月の不倫騒動でお蔵入りしてしまったようなんです。制作は進んでいたので、槙原さんサイドも曲が出せなくなって頭を抱えていたそうです」(音楽関係者)


ベッキーはひそかに、4月から司会業で地上波のテレビ番組への本格復帰を目指していたという。
しかし、結局それも叶わずに落ち込んでいるとの話も出ている。

そんな彼女は不倫報道前には歌手活動も行っていた。だが、歌手と聞いて思い出されるのは、やはり不倫相手として同じく大バッシングを受けた川谷絵音(28)だ。
彼が所属するバンド『ゲスの極み乙女。』が5月に活動再開することが発表され、前出の音楽関係者はこう語る。

「川谷さんのアルバムは発売されますが、ベッキーの歌はいまも発売の見通しは立っていません。歌の内容は恋愛をモチーフにしたもの。さすがにまだ不倫騒動を生々しく思い起こさせるので、出せないという判断は変わらなかったようです」


元々音楽が好きだったというベッキーは、アーティスト志向が強かったという。
だが、音楽での彼女はどうだったのかというと…。

「これまで出した曲もSMAPの曲の詞を書いた作詞家や宇多田ヒカルのプロデュースに関わった人など、相当な力の入れようでした。それでも大ヒットには恵まれませんでした。彼女も休養期間中に歌詩を書きためていたようですし、槙原さんが作った曲を出して、音楽で認められたいという思いがあったようです」(レコード会社関係者)


先月、BSの音楽番組に出演したベッキーは、久しぶりにテレビカメラの前で歌を披露した。
かなり緊張していた印象があったが、力強く自分の持ち歌を唄い切っていた。

今後は音楽活動も視野に入れるのかと思いきや、『女性自身』の取材に対し、ベッキーの所属事務所はこんな回答をした。

「私どもで槙原さんに曲を依頼したことは事実です。15年初頭のことだったと思います。ただ曲ができあがっていることもレコーディングが進んでいることも把握していません。いまは目の前の、いただいた仕事を一つ一つこなしていくだけなので、歌を出すというのは3年4年先になるのではないでしょうか」



歌は人を励ます力がある。
今のベッキーで何かパワーをもらえるかと問われれば…返答に窮してしまうかもしれない。
スポンサードリンク