黒木メイサ、「仕事ぶり激変」か?夫・赤西仁との”デキ婚”で背負った借金の過去も…

黒木メイサ、「仕事ぶり激変」の理由

女優の黒木メイサ(28)が、7月14日公開の中国映画「青禾男高(チンヒョウナンコウ)」(ジャン・ツォーウェン監督)で海外デビューすると、5日付のサンケイスポーツなどが報じた。
 
同紙などによると、映画は中国の高校を舞台に、主人公(オウ・コウ、24)らが属する中国人グループと柴田(林遣都、26)が中心となる日本人学生グループの抗争を描くストーリー。
黒木は日本人キャスト一番手となる武家の娘役をつとめ、得意な殺陣のほか、北京語も披露しているという。
 
黒木の夫で、歌手の赤西仁(32)も中国では人気者。黒木も現地で注目を浴びそうなのだが、このところ、黒木の仕事ぶりが以前とは違ってガラリと変わってしまったと言われている。

一体、どうしたというのか。

スポンサードリンク