菅田将暉、業界内外で”アンチ急増”か モテエピソードやビジュアル自慢ばかりで挨拶なし

菅田将暉、業界内外で”アンチ急増”か




俳優・菅田将暉(24)は、若手俳優の中でも圧倒的な人気と知名度を誇り、最近ではバラエティ番組への露出も増えている。
そんな最も”旬な男”の一人である菅田の活躍と比例して、徐々にアンチの数も増えているようだ。

人気が出ればアンチは当然とされるが、菅田の何がそうさせているというのか。



「菅田はバラエティ番組に出演した際に、学生時代のモテモテエピソードやどんな服でも着こなせるオシャレアピールなど、ビジュアル自慢が多いことで批判の声も聞こえるようになってきた。俳優としては演技力が認められ、個性派として評価を高めてきた菅田ですが、『自分を勘違いしている』『少し売れただけで天狗化した』といったアンチの存在が増えている」

と語るのは芸能記者だ。

菅田が主演をつとめる現在公開中の映画『帝一の国』も、興業で好成績を収めている。
数字を見る限りでは菅田の人気ぶりがよく分かるものの、そうした期待の反面、業界内では菅田の評判がどうにも芳しくないようだ。

「菅田は現場スタッフに挨拶をしないことでも有名で、関係者受けがいいわけではない。また、俳優として役作りにストイックなため、現場では関係者が必要以上に気を使わされる。俳優というより扱いが面倒くさい”女優さん”のような印象です」(前出・記者)


”気難しい役者”というだけならばまだ良かったが、菅田の発言ででファンも失望する出来事が起こった。

それは、モデルで女優の本田翼(24)との熱愛報道が出た時のこと。
過去に菅田は、女優の二階堂ふみ(22)や小松菜奈(21)らとの熱愛が報じられたが、きっぱりと否定している。しかし、今回の本田との熱愛に対しては、

「(報道に対する自身の)スタンスとして、沈黙と言う方法をとる」

とラジオ番組に出演した際に話した。

この発言の何にファンが失望したかというと、

「かつて菅田は恋愛に対して、『交際したらはっきり言う』と発言し、男らしいと株を上げました。ところが今回は打って変わって黙秘の姿勢です。こうした手の平返しの姿勢に落胆したファンは多い。しかも、今回の熱愛報道で本田翼に引退説まで浮上し、本田のファンからもこの曖昧な態度が批判される始末。スキャンダル対策がまだまだ甘く、今後はさらに業界内外にアンチが増えいく可能性もある。そうなると、俳優としての将来が危うくなるでしょう」(芸能関係者)



こうした行動は、若さ故のこともあるだろう。
早くそれに気づかなければ、俳優としての存続も危うい。
スポンサードリンク