Kis-My-Ft2玉森裕太、ジャニーズから退所か?今後、ジュニアが大量に辞める可能性も

キスマイ玉森、ジャニーズを離れる?




ジャニーズ事務所から、また不穏な噂が飛び出している。
それは、事務所から「ジャニーズJr.が大量流出するのではないか?」というものだ。

なぜこんな噂が広がったのかといえば、事の発端は今年の4月、振り付け師がJr.たちに「今後デビューはない」と通告。事務所に不満を抱くJr.が増えたことが原因だ。

Jr.だけならまだしも、デビュー組の中にも退所する可能性があるメンバーがいるという。
人気グループ・Kis-My-Ft2の玉森裕太(27)もその一人だとされる。ジャニーズに詳しい記者が理由をこう述べる。



「香取慎吾(40)、草なぎ剛(42)、稲垣吾郎(43)といった元SMAP・3人の退所が発表され、元マネジャー・飯島三智女史(60)と合流するともささやかれています。飯島派だった玉森も、彼女が事務所を辞めてからも密会を重ね、独立を画策しているウワサがあります。他にも飯島派は多数いて、彼女が事務所を設立したら、Jr.だけではなくデビュー組の移籍も可能性があります」


いくら売れているグループとはいえ、自分を思い、育ててくれた恩人の元へ行きたいという気持ちは当然あるだろう。
ジャニーズとしては、所属タレントの大量流出は何としても免れたいところ。だが、思わぬ形でその危機を救う抑止力があらわれた。
それが、元KAT-TUNの田口淳之介(31)だ。

昨年3月に、田口はジャニーズを退所した。
そして、9月にはオフィシャルサイトを立ち上げ、11月にはインディーズでソロデビュー。今年の2月にはユニバーサルミュージックと契約して4月にメジャーデビューと、異例の速さで芸能活動を再開したものの…。前出の記者が続ける。

「田口は地方局やBSで自身のドキュメンタリーが放送されるなど、独立後の芸能活動は順調。それは、ちょうどSMAPの解散騒動時期で、ジャニーズ事務所が悪評を恐れて目立った妨害をしなかったという幸運もありました。ところが、メジャーデビューシングルは、初週オリコン17位、翌週には50位圏外とふるわず。6月発売の写真集にいたっては、特典が付いていたにも関わらず、売上1,270冊という大爆死。ジャニーズ、KAT-TUNの看板がなければ売れないということが露呈しました」


そして、「この結果はジャニーズタレントの独立に大きな影響を与える」という。

「他事務所にとっては、そこそこの人気しかないジャニーズタレントを移籍させても、旨味がないことを証明しました。そしてジャニーズタレントには、移籍は危険かもしれない、事務所に残るメリットが大きいことを、痛感させたでしょう」(前同)



田口も身を以て痛感したであろう。”ジャニーズ”という巨大すぎる看板。
この現実の壁を前に、退所を考えている他の所属タレントたちはどう考えているのだろうか。

スポンサードリンク