綾野剛に”共演NG”の指名増加中?二階堂ふみは「撮影現場で孤立」させられたとの噂も

綾野剛に”共演NG”の指名増加中?




日本テレビ系の主演ドラマ『フランケンシュタインの恋』が6月25日に最終回を迎え、早くもTBS系で次回作『コウノドリ』の新シリーズ放送も明らかになった俳優の綾野剛。
若手の中ではトップクラスの人気・実力を兼ね備えた彼だが、その裏では、“共演NG”に指名されることが増えているという。

人気が出てくれば、自然とアンチも増えて行くものだが、綾野の場合は少し状況が違うようだ。


芸能プロ関係者はこう話す。

「2003年に俳優デビューした綾野は、ブレークに至るまで10年近くもかかった苦労人。所属事務所も、小栗旬と田中圭をプッシュし続けており、綾野にお鉢が回ってくるまでに、相当な時間がかかりました。そのせいか、彼は役者としては珍しいほどに、世渡り上手なんです」


これまで多くの作品に出演してきた綾野。その現場での評価は、きっぱりと二分されるという。

「とにかく愛想がよく、自分にとってメリットがある人間に食い込むのが、誰よりもうまいんです。テレビ局内でも、プロデューサー格、共演者の事務所幹部など、相手を見ておべっかを使っており、見る人が見れば不快にもなるでしょうね。さらに、上の人間と懇意になった綾野とウマが合わなかったり、意見が食い違った共演者は、結果的に現場でハブにされてしまう……ということもあるようです」(同)


綾野は以前から、こうした兆候はあったという。
『フランケンシュタインの恋』でヒロイン役を演じた二階堂ふみも、こうした綾野の姿を目の当たりにすることになったという。

テレビ局関係者が話す。

「撮影が後半になる頃には、二階堂は現場で完全に孤立していました。主演の綾野は現場を引っ張るリーダー役で、プロデューサーや演出家も味方につけていることから、彼に対して何か反対意見があったとしても、口に出せない状況だったとか。決して、“綾野が二階堂をイジめていた”という話ではないのですが、現場には、『二階堂の味方をすると自分もハブられてしまう』という雰囲気があったといいます。そういった空気をつくっていたのは、確実に綾野です」


これが理由のためか、二階堂はドラマの打ち上げも欠席してしまったという。

「名目上は『スケジュールの都合』でしたが、あの現場を知っている者からすれば、二階堂が来るはずもないことは明白。もう彼女が綾野と共演することはないでしょう」(同)



世渡りがいくら上手くても、共演者から嫌われてしまっては意味がないのでは…。
スポンサードリンク