嫁まで暴露されるほど人気出るも…”ナスD”番組の良からぬ評判が話題に

”ナスD”番組の良からぬ評判とは?




”ナスD”の愛称で親しまれている、テレビ朝日社員の友寄隆英氏(42)が大きな話題となっている。

同局の紀行バラエティー『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』の製作総指揮を務め、自ら取材スタッフとして秘境アマゾンを旅し続ける男性だ。
なぜ”ナスD”というあだ名なのかといえば、現地の染料を体に塗りたくって“真っ青”に染まったことから由来がきている。

そんなナスDは現在、妻の正体が週刊誌で報じられるほどの人気ぶりなのだが、彼が担当している番組にはあまりよくない評判があるという。


まず、ナスDの妻が誰なのかというと…。

「週刊ポストがナスDの妻だと報じたのは、料理研究家の森崎友紀。以前から彼女の名が取り沙汰されていましたが、テレ朝内でもバラエティー班以外の局員は『噂の域を出ない』というぐらい情報統制がなされていた。色眼鏡で見られるのが嫌だったのでしょう」(芸能ライター)


妻の存在も話題となり、さらに今月2日にGP帯で放送した特番では視聴率9%台をマーク。テレビ朝日の社員も「ゴールデン進出の布石を打った」話すなど結果を出し、株も上げたナスD。
人気もうなぎのぼりかと思いきや、こんな噂が広まっている。

「今年4月から始まった『地球征服』ですが、企画段階から“日テレのイッテQみたいな番組を作る”という方針が打ち出されていた。要するにパクれってこと。他局の人気番組を真似るのはよくある話ですが、いまに続くテレ朝の快進撃は『アメトーーク!』や『お試しかっ!』といったオリジナルの企画で勝負してきたから。それが、横にならえと守りの姿勢になっている。おまけに上層部が制作現場に口出して放送直前のダメ出しも増えたとか。お台場みたいだって囁かれています」(放送作家)



果たしてナスDは、この人気を守り続けられるか…。
スポンサードリンク