木村拓哉が”スマステ”後枠か?工藤静香の復活も重なり大ブーイング!!「やっぱり木村だけ特別扱い」

木村拓哉が”スマステ”後枠の可能性


出典:Twitter


元SMAPの木村拓哉(44)が、テレビ朝日のドラマへの出演の可能性があると一部メディアで報じられた。

これはテレビ朝日の公式発表ではないものの、来年1月期に木村を主演に据えたドラマを放送するというのだ。

しかし、これにはSMAPファンから難色が示されていて…。



2015年にはドラマ『アイ'ム ホーム』(同)に出演したこともあるが、撮影時は非常に良好な雰囲気だったこともあり、木村がテレビ朝日で再びドラマを復活させるのではないかということのようだ。

「もともとフジテレビとTBSのドラマ枠を行ったり来たりで出演していた木村にとっても、テレビ朝日ドラマの出演は異例でしたから、話題性を考えればありえない話でもないでしょう。しかし、ジャニーズを退社する香取慎吾(40)の『SmaSTATION!!』を終了させる代わりに、残留している木村の望みはなんでも聞くという見方をする人が出てきてもおかしくはない。仮に実現した場合、木村へのバッシングを再燃させるきっかけになるかもしれませんね」(芸能記者)

 木村の炎上事案は別の場面でも起こっている。8月2日に放送された大型音楽番組『FNSうたの夏まつり~アニバーサリーSP~』(フジテレビ系)に妻の工藤静香(47)が出演し、これがSMAPファンから反感を買っているようだ。どうやらSMAPが出なくなった今年になって、解散の元凶ともいえる工藤が出演するということになり、SMAPファンにとっては複雑な心境だというのだ。

「工藤がバッシングされると、連動して木村もバッシングの対象となります。工藤が今後歌手活動を積極的に行うにしても、木村がドラマ出演の話を進めるにしても、木村以外のファンからすると『やっぱり木村だけ特別扱い』という風に写ってしまうようです。いずれにせよ解散後の木村に対する風当たりの強さは、何ら変わらないというところでしょう」(芸能関係者)

 この調子では、仮に新ドラマが始まっても、先行きは暗そうだ。

そんな木村にこれまで囁かれていたのが、フジテレビの月9ドラマの主演だ。木村の月9代表作『HERO』(フジテレビ系)の続編制作を、企画していたとも言われていたが、結果的に10月から放送される新月9ドラマの主演は篠原涼子(43)に決まっている。これには実は、木村側の思惑があるともいわれている。

「現在放送中である『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(同)の好調ぶりです。その次で木村が低視聴率を叩き出してしまうと、『木村が月9をダメにした』とまた悪者扱いされる可能性もあるため、木村側から避けたとも言われています」(前出・芸能関係者)

 木村としても、べったりだったフジテレビとの関係を考える時期にきたのかもしれない。


スポンサードリンク