『27時間テレビ』で、さんま&中居トークがなくなった理由とは?「木村に聞けばいいじゃないですか」

『27時間テレビ』で、さんま&中居トークがなくなった理由




9月9日に放送予定のフジテレビ系『FNS27時間テレビ にほんのれきし』の名物コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」が、今年は放送されないことが分かった。

様々な憶測が飛び交うなか、理由は中居正広のある発言が原因だとされている。



明石家さんまと中居正広による生トークが繰り広げられる同コーナーは、2000年から毎年続いてきた大人気コーナー。さんまが1年間で気になった女性をランキングで発表するコーナー内企画「ラブメイト10」で、AV女優の紗倉まなが選ばれ、その後さんまと紗倉の密会がスクープされるなど、さまざまな話題も提供してきた。

 近年視聴率低下が叫ばれる「27時間テレビ」にあって、深夜帯ながら高い人気をほこる同コーナーが、いったいなぜ終了してしまったのか。それは、昨年のふたりのトーク内容に原因がある。

 ご記憶の方も多いと思うが、昨年の同コーナーでは、SMAP解散問題について、さんまが中居にツッコミまくって、大きな話題となった。昨年7月23日の放送は、翌月14日の解散発表の前で、年明けの独立分裂騒動以降、「SMAP×SMAP」でのメンバー間の不仲ぶりや、夏の大型音楽特番へのSMAP出演辞退などが、取り沙汰されていた時期のことだ。

 さんまのツッコミは予想以上のもので、前年末の特番でSMAPと共演した際のメンバーのギクシャクぶりを暴露したのはもちろん、「なぜ歌番組に出ないのか」「なぜ新曲を出さないのか」とファンに代わって追及したかと思えば、ジャニーズ事務所内の派閥抗争や、飯島三智マネージャーの名前にも触れるなど、テレビではタブー化し、誰も口にできないがみんなが訊きたかったことを、中居にぶつけていた。

 2016年1月の『SMAP×SMAP』(フジテレビ)での生謝罪以来、解散問題について公の場で一切発言していなかった中居も、さんまのツッコミにただタジタジになるだけではなく、答えられる範囲ではあったが誠実に答えていた。さんまに「歌番組に出ろ」「CD出せ」とどんなにしつこく迫られても、中居は「やる」と明言することはなく、実際、翌月SMAPは解散を発表することになる。

 もちろんこのトークは大きな話題となり、スポーツ紙や女性週刊誌もこぞって記事にした。しかし、御用スポーツ紙や御用女性週刊誌には、このトークのある部分についてだけは「絶対に触れるな」とジャニーズ事務所側に厳命されていたという。

 それは中居の「なんで僕......僕じゃなくて木村に聞けばいいじゃないですか」のひと言だった。

中居がこのさんまとのやりとりで、木村の名前を口にしたのは、このたった一回だけだ。これは明らかに、中居たちの立場からすれば解散の危機をつくり出したのはキムタクであって、自分が問われるのは違うという気持ちが出たものだった。

 しかし、生謝罪で決定づけられたキムタク=裏切り者のイメージの払拭に躍起になっていたジャニーズ事務所にとって、この中居の発言は看過できるものではなかった。

「あのとき、ジャニーズは相当激怒して、フジテレビにねじこんできたようです。その意味では、もうその時点で、コーナーがなくなることは決まっていたようなものでした」(フジテレビ関係者)

 さらに、ジャニーズが恐れたのは、今年も例年通り「さんま・中居の今夜も眠れない」があれば、SMAP解散や稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の退社独立、来年以降に延期されたといわれる中居自身の独立問題......といった話題について、当然さんまが中居に厳しく突っ込むだろうことだった。さんまは昨年から、このコーナーをやるなら、SMAP解散問題についても話す、話せないならコーナー自体やらないというスタンスだった。

 しかしそれでは、ジャニーズ事務所にとって、キムタクの裏切りや、ジャニーズ事務所のブラック体質が、また蒸し返されることになる。ジャニーズにしてみれば、SMAP解散問題は、なかったことにしてもう一切触れさせたくない。

「とはいえ、いくらジャニーズでも大御所であるさんまの口をつぐむことまではできない。それで、フジに絶対にコーナーを潰せと言ってきたようです。しかも、コーナーがなくなることは中居にとっても好都合だったんじゃないでしょうか。中居は事務所に残留したものの、来年、独立して3人に合流する計画を進めているという話もある。いまの段階ではツッコまれてもなかなか発言できないでしょうからね」(前出・フジテレビ関係者)

 いろんな意味で「さんま・中居の今夜も眠れない」を葬る以外の選択肢はなかったのだ。そもそも本来毎年7月に放送されていた「27時間テレビ」が今年は9月にずれこんだのも、「さんま・中居の今夜も眠れない」の存続がネックになっていたためとさえ言われている。

 テレビでSMAP問題について踏み込めるのは、さんまくらいのもの。今回の「さんま・中居の今夜も眠れない」終了をきっかけに、テレビではSMAP解散をめぐるさまざまな問題は、永久に封印されてしまうかもしれない。


スポンサードリンク