菊川怜、『とくダネ』降板は”夫の隠し子騒動”が原因か?「新婚なのに幸せオーラが感じられない」の声も

菊川怜、『とくダネ』降板は”夫の隠し子騒動”が原因か




10日放送のフジテレビ系『情報プレゼンター とくダネ!』で、アシスタントを勤めるタレントの菊川怜が、9月いっぱいで番組を卒業することを正式に発表した。

菊川は5年3カ月に及ぶ出演であり、関係者や視聴者に感謝の言葉を述べたものの、降板の理由が結婚したばかりの夫にあるのではないかと噂になっている。



菊川の卒業については、すでに同日のスポーツ紙などが報道。番組冒頭で司会の小倉智昭が、「9月いっぱいで『とくダネ!』の卒業が決まった菊川怜さんのコメントは、後ほどゆっくり聞かせていただきます」とだけ触れ、その言葉通り、本人は番組の最後にコメントした。

「菊川は、自らの口で卒業を明言した後、『卒業は寂しくもあるんですけれども、また新たなスタートラインに立つつもりで、今後もいろいろなことにチャレンジしていきたいと思っています』などと語りました。そんな菊川といえば、今年4月に実業家・穐田誉輝氏と結婚するも、その直後に穐田氏の“婚外子報道”が浮上。新婚の祝福ムードから一転して、スキャンダラスな話題として世間の注目を集めました」(芸能ライター)

 そのため、ネット上には「やっぱり夫のイメージが、報道番組の出演者には相応しくないもん」「夫のせいで、ほかの芸能人のスキャンダルに触れづらくなっただろうしね」「番組としても、あの男と結婚した菊川は扱いづらいだろうし、仕方ないのでは?」といった見解が寄せられている。

「一方で、菊川は以前から『トーク力不足』が指摘されていたこともあり、『そんなに重要な役割を果たしていた印象はないし、番組からいなくなっても問題ないよね』との声も。また、本人は『今後もいろいろなことにチャレンジしていきたい』と話していたが、『本格的に女優復帰するにしても、今さら需要あるかな?』と、先行きを不安視する者もみられます」(同)

 そのほか、「騒動後、菊川からは新婚なのに、まったく幸せオーラが感じられない」「夫の報道の影響で降板だとしたら、離婚してキャスターを続けた方が安泰な気がする」などの指摘も上がっているが、果たして、菊川は自分の明るい未来をイメージできているのだろうか。


スポンサードリンク