錦織圭の恋人・観月あこ「悪いことしか聞かない」 傾倒する占い師への”洗脳”や”勧誘”も心配か

錦織圭の恋人・観月あこ「悪いことしか聞かない」




テニスプレイヤー・錦織圭(27)の父が、息子の恋人である元モデルの観月あこ(25)について、9日発売の『週刊新潮』で語った。

なんと錦織の父は観月のことを、「悪い娘だと思う」と発言。
その裏には、どんな理由があるのだろうか?



錦織と観月は2015年7月、静岡のアウトレットモールでデートしているところをスクープされ、交際が発覚。その後、錦織がグランドスラム(4大国際大会)に出場する際に、仲良く連れ添う姿が目撃され、順調な交際を続けていると思われていた。

 ところが、前述の記事で父の清志氏は観月について『悪いことしか聞かない』『(結婚など)想像したくもない』『お金とか名誉とか持つとね、それが目的の人しか寄ってこない』などと嫌悪感をあらわに話している。そして、ついには「(お金を)全部取られてしまう」とまで危惧しているのだ。

 たしかに観月は、ネット上でも「錦織のブラックカードで豪遊してる」「寿司屋にたくさんの友だちを呼んでおごった」など批判が上がっている。しかし、世界への道を二人三脚で歩んできた清志氏との間に、これほどまでの認識の相違があるのはなぜなのか? また、清志氏が気にする「悪いこと(=ウワサ)」とは一体何なのだろう?

 ある芸能誌の記者はいう。「彼女を検索してみてください。もはや最初に出る関連ワードは『錦織圭』ではなく『関東連合』です。画像を見ていくと、ガラの悪い複数の男たちと居酒屋で飲む姿が出てきます。お父さんが観月を検索すればイヤでも目に入ります」

 錦織と知り合う前の写真とはいえ、これを見れば結婚に反対する気持ちも分かる。父の心配は観月の後ろに見え隠れする男たちなのか?

 また別の女性誌記者によると「ヤバいのはむしろスピリチュアル系の繋がりかもしれません。観月の名付け親でもある観月明希という占い師は宗教法人こそありませんが、除霊や勉強会を頻繁に開き、『教祖』に近い活動をしています。彼女の家族ぐるみでの付き合いだと言われています」という。

 この占い師・観月明希の姿は錦織の試合会場でも目撃されており、あこを通じて接近中とも言われている。清志氏が『(お金を)全部とられるかもしれない』と語ったのは、勧誘や洗脳を心配してのことかもしれない。9日にもロジャーズ・カップ(カナダ)2回戦で逆転負けを喫した錦織。負ければ観月のせいと世間は言うだろう。男なら結果で示すしかない!?


スポンサードリンク