高部あい、”薬物で逮捕”された時に判明していた『妊娠』はどうなった?「あんな人の子供は生みたくない」

高部あい、”薬物で逮捕”された時に判明していた『妊娠』は…




25日発売の写真週刊誌『FRIDAY』が、2015年10月に薬物所持の疑いで逮捕されたタレントの高部あいの近況について報じている。

彼女は逮捕時、妊娠していたとの噂もあったが…。



高部は現在、長身のイケメン弁護士と同棲生活を謳歌しており、記事には都内の高級マンションから2人で手をつないで出てくる写真が掲載されている。

「高部は薬物所持の疑いで逮捕され、使用も認めていましたが、所持量が微量で社会的制裁も受けたとして16年3月に起訴猶予処分に。しかし、逮捕の報道直後に所属していた事務所が解雇を発表。その後、実家で暮らす日々を送っていたようですが、知人の紹介でこの弁護士と知り合い、今後の人生について相談するうちに急接近となったようです」(芸能ライター)

 逮捕後には、私生活の派手な遊びっぷりや、逮捕時に妊娠していたことなどが報じられた高部。

「相手は高部の主な薬物入手先だった元カレの若手実業家とされています。その後、その実業家は高部のことを周囲に口汚く罵り、高部との関係も決裂して、高部は『子供に罪はないけど、あんな人の子は産みたくない』と堕胎したと一部で報じられています。職を失い、過去の人間関係も崩壊。みずからも堕胎を選択し、生まれ変わった気持ちで新しいパートナーと人生を歩いているということなのかもしれません」(前出・芸能ライター)

 仲むつまじい“手つなぎ”の写真は、今度は人生の道を踏み外さないように、しっかりと、その彼の手を握りしめているかのようにも見える。


スポンサードリンク