市川海老蔵、麻央さんの姉・小林麻耶との「再婚確率は5分以上」と贔屓筋からは期待をこめた声

市川海老蔵、小林麻耶との「再婚確率は5分以上」?




乳がんで長らく闘病生活を送ってきた、フリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)が亡くなってから2ヶ月以上が経つ。

時の流れの早さを感じるが、麻央さんの夫にはすぐさま”再婚”話まで浮上している。
相手は、麻央さんの実姉である小林麻耶だ。



過酷な闘病生活、そして深い悲しみを乗り越えるため、“家族”は一丸となってきた。だが、いずれ歌舞伎界を背負う宿命の父と子。「義理の姉」であり「伯母」である独身女性に、いつまで頼ることができるだろうか──。

 妻・小林麻央さん(享年34)が旅立ってから2か月。市川海老蔵(39才)は歌舞伎役者として精力的に舞台に立っている。そして、長女・麗禾ちゃん(6才)と長男・勸玄くん(4才)の母親代わりとなっているのが、麻央さんの姉・小林麻耶(38才)だ。

 地方公演などで自宅をあけることの多い海老蔵にとっても、麻耶がそばにいてくれることは心強いに違いない。子供たちが慕っているならばなおさらだ。

「海老蔵さん自身、母親の必要性は痛いほどわかっています。でも、“代理ママ”という中途半端な状態でずっと麻耶さんを縛りつけていくわけにもいきません。麻耶さんももうすぐ40才ですから、例えば誰かと結婚して子供を産むといった女性の幸せを考えるなら、海老蔵さんもどう身を振るか早く決断しないといけません」(歌舞伎関係者)

 麻耶もまた、同じような迷いを抱えているようだ。

「麻央さんの看病に駆けずり回るうちに、麻耶さんは“自分はもう結婚しなくていい”といったような心境にまでなっていたそうです。でも、いざ麻央さんが亡くなって、あえて触れないようにしていますが、世間で再婚とかが噂されているのはわかっています。最近は、海老蔵さんのプライベートとどう線を引くかが難しくなっているみたいです」(芸能関係者)

 麻耶は8月末には海老蔵と2人の子供、そして実母とともにハワイに滞在していた。その間、麻耶は幾度となくブログを更新した。だが、会員限定の記事を除いて、海老蔵の名前が出てくることもなければ、海老蔵が写り込んだ写真がアップされることもなかった。



「本当に仲のいい姉妹でしたから、麻耶さんは麗禾ちゃんと勸玄くんに深い愛情を持って接しています。海老蔵さんに対しても、子供たちのそばにいられる機会をもらえて感謝の気持ちもあるんじゃないですかね。でも、子供たちが懐いてくれているのは嬉しい半面、自分があまりに近い場所に居続けるのは、もし新しいママを迎えることになったときに子供たちがうまく受け入れられないのではないかとも考えているみたいです。ブログで海老蔵さんへの言及を避けたのは、そういった配慮もあったようです」(前出・芸能関係者)

 歌舞伎界の中心に鎮座する「成田屋」の事情も複雑に絡んでくる。歌舞伎役者とそれを支える妻は、いうなれば表と裏の関係。弟子や関係者もたくさん抱えるだけに、“おかみさん”の存在は必要不可欠だ。

「さまざまなしきたりや決まり事もありますから、勉強しなければならないことも多い。梨園の妻デビューをした麻央さんが、海老蔵さんの母である堀越希実子さんの後ろをついて歩く姿は記憶に新しいでしょう。ですが、麻耶さんはあくまで『嫁のお姉さん』。希実子さんにとっても、いろいろ教えたりということができるわけではありません。

 ただ麻耶さんはもともと麻央さんより海老蔵さんファンを公言していたほど歌舞伎好きです。今はまだ、麻耶さんは歌舞伎座に行ったとかいうことはなく一線を引いているようですが、おかみさんをこなせる器は充分にある。子育ても、パートナーとしてもこんなに合う人はいないというのも周囲の本音です。麻央さんもそれを望んでいたのでは…という声もあるほどで、贔屓筋では再婚確率は5分以上あるのではないかと、期待を込めた声があがるのも当然なのかもしれません」(前出・歌舞伎関係者)


スポンサードリンク